毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

真相

中国の歴史教科書に文革批判が復活

www.47news.jp 習近平は誰もが知る毛沢東主義者だ。 彼らはミャンマーにもいるし、アジアの内陸部で隠然とした影響力を保っている。まるで「イルミナティ」や「ネオコン」のような勢力と考えればいい。 そして習近平は毛氏を崇拝し、その政治方法も酷似して…

呆れた国連人権専門家、利権なのがモロバレ

jp.reuters.com なにを今さらという感じだ。 その時代遅れ感、空気の読めなさには呆れるばかりだ。 いったい、いつ中国で基本的人権が保障されたことがあるのか。 しかもなぜか今回は香港のことだけ。本土は家庭内のことだからどんなことが行われても何にも…

変革に対応できない罪

jp.reuters.com 「アフターコロナ」「アフター安倍総理」。 日本のマスコミもそうだが、識者、言論人、すべての人々がこうした変革に適応するのを極めて苦手としているのが我が国だ。 世の中の変化に迅速に対応することができないのだ。 今度もそうしたこと…

中国デカップリング

jp.reuters.com アメリカの公平性・透明性はこういうところでも発揮されている。 トランプ政権はいきなりの「ハシゴ外し」にならないよう、念を押させ、言質を取らせているからだ。 つまり、ここまでの言及がありながら「知らなかった」は通用しないというこ…

米国の立場を支持せよ、それは明白だ

diamond.jp 劣等な言論人が日々を工作し、先入観を植え付けたりプロパガンダやイデオロギーを忍ばせる。それが現在の我が国の日常だ。 「日本が絶対に失敗してはいけない対応とは」、などと言いながら、まさのその「一番やってはならない」ことを主張してい…

中国が、米から露・イランと同列視される理由

www.bloomberg.co.jp ナショナリズムを「悪」とするような論調はひどく歪んでいる。 「テクノナショナリズム台頭」などという言い方は、日本向けだけのタイトルなのだろうか。 アメリカで同じ言葉を使ってもマイナスイメージはない。 それはともかく、「テク…

TikTok排除、Zoomも危険。わざと使う不逞分子も

排除www.news-postseven.com 中国には法として「中国共産党政府が必要と判断すれば民間企業であろうとも中国国家の安全保障のために働き、政府に対して企業情報を公開し協力し、政府はいつでも企業の資産を接収できる」という法律がある。 香港の法律に関し…

中国共産党と中国を分断せよ!

jbpress.ismedia.jp 良記事。 まさに中国という国は共産党独裁支配に陵辱されたという歴史の途上にある。 「支配と市民を分断せよ」とは、慧眼にほどがある。しかしそれは我が国にも言えることだ。 中国に暮らす人々は実に哀れな連中だ。そこに救いはひとつ…

変態NPO法人が人の性を覗こうとする

www.nagoyatv.com コロナ感染で自粛の中、「望まない妊娠が増えている」なんてやっているNPOが現れ、我こそはと、あちこちで名乗りを上げている。 例によってまただ。今回のコロナ騒ぎをダシにする連中。 社会で自分らの存在意義を高めるチャンスとばかりに…

もはや戦争!中国との攻撃に日々備えよ!中国人に警戒せよ!

www.wistv.com 米で不審な中国発の国際郵便相次ぐ、生態系攻撃の種子入りか 写真に見られるのはおなじみの中国からの輸送品のパッケージだ。 中国の郵便局は国営で、それこそひとつの他国攻撃の機関になっている。 これ以前は中国郵便は各国へ負担を押し付け…

世論操作のための架空ユーザー、その記事流通の流れ

jp.reuters.com フェイクユーザーと言うべき、「架空の人物がネットででっち上げられている」というこの記事には、もっと深い説明を加えることができる。 詳細を記述する。 どこに何があってどうしたか、事実だけでは困る。 その本質が語られないのでは全容…

【緊急告発】感染症専門家など何も分かっていない!

この映像は国会での映像です。よくご覧ください。最新のニュースです。 「国会では16日、参院予算委員会の閉会中審査が行われ、野党が推薦した参考人の東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、新型コロナウイルスの感染拡大の現状への強い危機感…

国連は中国の傀儡、操り人形

jp.reuters.com 世界の自由主義社会と、中国共産党独裁国家との対立の様相だ。 このまま臨界点まで沸騰することは想定が出来る。 国連は似たような報告書を日本にも出した。日本に報道の自由がないなどともやってきた。 慰安婦の捏造が放置され続けているこ…

コロナ以降の経済は収拾を想定できるか

jp.reuters.com 珍しく品のある記事だと思うが、論調としては分かりにくいし結論はない。 それは筆者が、現実に対しての混乱があるからだと思う。 1.インフレ懸念2.賃金的な社会格差3.政治的な分断による経済への影響4.政府の役割の肥大化 これほど分かりや…

メディアの独裁と専横を擁護する連中

jp.reuters.com >ABS─CBNの従業員は約1万1000人で、視聴者は数千万人に上る。 ※ 従業員数は正しいメディアかどうかとはまるで関係ないのだが。 責任を果たさないメディアがいるとしたら、それはマフィアと同じだ。 冒頭から狂った論理。 >「反…

中国国家強盗団

www.itmedia.co.jp ノーテルというのはかつて知る人ぞ知るテクノロジ企業だった。ノーテルネットワークスのルータを使っていた覚えもある。ITでは有名な企業だった。 それが骨の髄までしゃぶりつくされた。 暴行し、脅迫し、そして全てを奪う。 まるでギャン…

NHKの映らないテレビ、裁判の行方

dot.asahi.com NHKが映らないテレビなら受信料の支払いは不要。 当然のこと。論理的にも当然だ。 どんなにグダグダ言っても真実だ。 ところが、裁判となると違ってくる。 かつて東北震災の頃、日本共産党がNHKの高給取りの職員の給与を下げるなと、堂々と呆…

学力の格差を劣等な人物が論じる

jbpress.ismedia.jp こういう奇妙な言い方は、昔から何度となく繰り返されてきたことだ。 命題の設定からして曖昧、そしてその過程でなぜか潜りこませた自己弁護、自己アピールの数々。 いったいこの記事はなんのためなのか(笑)。 ゆとり教育の弁護なのか…

アメリカ差別の歴史

jp.reuters.com なんでこうもアメリカ人ってのは馬鹿なのか。 時には賢いと思えるときもあるが、馬鹿に見えるときは徹底して馬鹿だ。この騒ぎ。 差別の歴史。 リンカーンの奴隷解放ってのは制度の変革だった。その宣言。 それで一気に奴隷制度は崩壊したはず…

不正な情報工作の嵐が吹き荒れる

jp.reuters.com 実際、20日にオクラホマ州タルサで開いたトランプ大統領の選挙集会で空席が目立つ結果になったことは、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のユーザーやKポップファンの間で、最初から出席しないつもりの申し込み手続きをす…

北朝鮮とトランプの真実を話そう

www.bbc.com コロナ騒ぎが沈静化したと思ったら北朝鮮がまた色々とやらかしている。 この真相を話してみよう。 ちょっと前のことだ。 ドナルド・トランプが北朝鮮のキム・ジョンウンを「あのロケットマンw」と呼んだ。 欧米のマスコミはこのことを報じ、「ト…

生産性のない人間がハンコ文化を論ずる

www.itmedia.co.jp 日本という国は、昔からポジショントークと塩漬けから抜け出せない国だった。 この種の「日本人論」は昔から幾度となく飽きもせず繰り返されてきたものだ。 自分ら日本人を卑下し、批判し、自己反省といいながら、実はその当人だけは別な…

黒人権利デモは中国による破壊工作扇動

jp.reuters.com 頭が悪すぎて絶望するしかない。黒人は破壊工作の扇動に利用されて黙っているのか。 これに悪乗りする黒人がいる。隠れ差別主義者の連中らがいる。 まるで反日に乗りありもしない慰安婦問題を信じ続ける帰化していない日本人のようだ。連中は…

言論が劣化し続ける世界

www.news-postseven.com 何度書いても足りないぐらい。 世界ではこのところ言論が劣化し続けている。 嘘と流言が看過され、まことしやかな書きかたをすればそれで通るとされるようになっている。そこには裏づけとなる事実がないにも関わらずだ。 連中は「大…

常に捏造報道、歪曲報道

www.daily.co.jp 当たり前のように捏造記事を量産し続ける日本の報道に価値などない。 伝えたいこと、知りたいことなどネットにいくらでも落ちている。 その自由と市場原理に任せろ。 コロナ以降の姿があるというのなら、日本人はテレビを捨て、新聞を信じな…

イラン、新型コロナの感染続く

headlines.yahoo.co.jp コロナのパンデミックはある意味で国ごとに中国との関わり方を浮き彫りにさせてしまっている、まるで試験薬のようなものだ。 中国の貿易の不公正さにケチをつけ、暴いたトランプが打った次の手のように、コロナウィルスは中国という不…

イランで感染が思わぬ拡大をしていること

headlines.yahoo.co.jp イランと中国を結ぶ線は細いはずだった。 貿易をしている担当者がバラまいた、技術者が行き来してバラまいた。それなら分かる。 だが、イランの副大臣ともあろう人物がなぜ中国人と接触していたのか。 当然相手も高官レベルということ…

イランの対米軍攻撃、現場の状況

jp.reuters.com 全ての連中が言い訳をしているように見える。 まさか俺の妄想が事実とは思えないが・・・。 1.事前の警告の主2.ミサイルの種類3.米側に被害があったはずだとの主張と想定の根拠4.警告についてのイランの沈黙 これらについてまだ真相は分かっ…

旅客機撃墜、自国民を殺傷したイラン

jp.reuters.com 余計な事件が起きてしまい、問題化している。 ウクライナへ出稼ぎに行くイラン人の旅客機が撃墜されてしまったことだ。 これは軍によるミスでしかないが、こうしたミスや偶発的な衝突は戦争とは違う、現代では避けたい事態だ。 いずれまたア…

米イラン緊張の真相、それを空想する

例えば、あくまで例えばの話。 イランの米軍に殺害された革命防衛隊のソレイマニ司令官はとんだ跳ね返りで、穏健派からすると騒動の種、悩みの種でしかなかった。 アフマディメジャド大統領が登場してイランは明らかに穏健派が勢力を広げていた。 戦時には革…