毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

覆面禁止の意味がなぜ分からないのか


headlines.yahoo.co.jp

 

 日本の報道では覆面禁止の意味を理解している報道は少ない。

 きっと日本のコンビニ程度、フルフェイス入店禁止ぐらいに考えているのかも知れない。

 
中国では誰もが顔を写真に撮られ記録されている。
 何かで「おりこう」な市民でないと確定されれば不利益を受ける。

 香港には国民はほとんどいない。市民ばかりだ。

 国民は共産党支配層、おいしいところをピンハネし、汚職し、せっせと蓄財ができる層だ。

損保との違い

  

 市民は違う。奴隷も同然だ。

 だから中国本土ではみな格付けを受けるようになった。

 従順でないと格付けポイントがどこかで減る。悪くなる。

病院で待たされ、飛行機のチケットは取れず、なぜかいつも自分は後回しになる。

 これを市民全員に対する「格付け」として施行しているのが本土だ。

 

 香港では全ての街角にカメラがある。
  くまなくチェックする目がある。
  しかしそれは防犯のための目じゃない。

  中国共産党独裁のための監視装置だ。

本屋が連行され消える。作家が消える。言葉が消える。

そして目をつけられれば秘密のうちに連行され、拉致され、取調べを受ける。
 強化教育施設なんというところで拷問を受ける。
 ウィグルでは100万人規模の人間が蒸発している。


だから、香港は中国本土へせめて連行されないようデモが始まった。

 素顔を晒せば今でも危ない。

 中国は理由もなしに拘束されても、補償などはない。
 人権などもともとないのだ。

 

日本共産党はこういう国を支持し、志位委員長が独裁し続ける党だ。


 この事実を白日の元に晒せ。

 独裁政権の嘘を許すな。こんな無法をかばうエセ左翼どもを許すな。