毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

中国、感染報告でも数値を改ざん


www.bloomberg.co.jp

 

  同じ共通の価値観にない国とは付き合えない。

 

 中国は国内生産力を取り戻していると言われているが、それも分からない。

 生産力を取り戻したとして再び投資を呼び込むつもりなのか、それでも中国国内での日系工場は操業再開は半分もできていないという。国内企業を優先させるのか海外との付き合いを途切れさせたくないのか、対応はチクハグである。

 

 対外的な数値の発表はコロナ感染だけでなくとも、常に国内に向けた発表でもある。

 それは支配のために必要なのは政権への信頼だからだ。

 いくら独裁の世であっても不満が高じれば体制はもたない。

 むしろコロナ感染の死者は不満分子を一掃するチャンスだとでも思っているぐらいかも知れない。


 中国の感染者数の数字が過少なのは前から指摘されていた。

 火葬にされた遺体の多さとその増加率、そして感染割合から出る致死率。病床数。

 どれをとっても辻褄が合わないのは中国国内でも言われてきたことだ。

 

 だが中国の人民が政府に歯向かってどうするというのか。

 いざとなれば、例の「市民の信用格付け」とやらで、感染しても治療が後回しにされたり治療が受けられない不利益があるかもしれない。

 人々は恐怖の中で我慢するしかないというわけか。

 

 

 まだ日本で、このような中国に依存したサプライチェーンを頼みとしている会社があるなら誤りだ。

 世界は中国への包囲網を強めている。 日本が取り残されれば日本はダメージを受ける。

 


 価値観を共有しない、体裁だけを取り繕った国など信用できるわけがない。


 我々は投資や交易によって中国と付き合ってきた。
 それがトランプの告発により、不正でルールのない、強盗との取引も同然であることが顕在化した。

 

 今やコロナウィルスは中国人と接触することに疑いを持たせている。

 感染していても嘘をつき、こちらを巻き込むことを厭わない連中であることを意識しないではおられない。信じられるものはない。

 

 そして象徴的だが、かつてのエイズ騒ぎと同じように、今回のコロナ騒ぎは、いかがわしい連中の淫蕩を暴露する結果ともなっている。

 この騒ぎの中、乱交パーティをした選手、それも中学生を買った疑い。この騒ぎで高級クラブの女と遊ぶ、歌舞伎町の性風俗店で遊ぶ連中。

 

 それは当初から言われていたことで、コロナは濃厚な肉体的接触でまず感染が広がるという話があった。

 コロナ感染が認定されれば、武漢でどんなオンナを買ったのか、どんな遊びをやらかしたのか疑われる、だから思い当たるフシがあるからと検査を拒否した60代の男がいた。語るに落ちるとはこのことだ。

 拒否したのだからもう認めたも同然だ。 そいつも幼女や若いオンナを買ったのだ。

 

 中国の圧政は中国の人民の問題だが、中国人並みに疑わしい連中がコロナ騒ぎで次々と炙り出されていることは皮肉としか思えない。

 コロナは、信じられに足りる人間であるかどうか試される試験紙なのか。