毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

安倍首相が非常事態宣言へ


www.bloomberg.co.jp

 

 コロナの感染拡大の本質は分かっている。コロナはそれほど正体不明の病原体ではない。

 パニックになる必要はない。

 

 人を見ることだ。怪しい人物、不審な人物に近づかないことだ。

 服装や目つき、態度でそれは判断することができる。

 

 店や道で、仲間に慣れ慣れししげに顔を妙に近づけて話している連中がいる。服装は派手。仲間がマスクをしていても本人はしていないだろう。

 そんなヤツは普段から他でもそういう態度でいるのだ。潜在感染の疑いを持ったほうがいい。

 すぐにその店から離れるべきだ。

 そんな風にすぐに識別することができる。

 なぜなら、思い当たるフシのない感染者は一人もいないからだ。

 


 これまで感染経路はすべてはっきりしていた。

 これまではすべてが把握されていた。

 今は把握されないように行動履歴を隠している連中がいて、拡大させているということ。

 

 経路が不明になってきたのではない。感染源自身が身元を隠すようになってきたということ。

 


・クルーズ船に乗っていた自称金持ちの放蕩老人。

 その後、症状がないからとスポクラ、サウナ、ライブハウスと拡散させている。

 この特定された施設だけでないことは明らかだ。

 その客が来たと、実は心当たりがありながら隠している店がある。

 拡散された店は名前の公表を拒否したりもしている。

 商売が人名よりも優先。その店に通っていた客は?正体は知れているか?

 


武漢から帰国した不埒な買春者

 帰国時、検査をなぜか拒否した者がいた。

 その理由は明快だった。もし感染していたら武漢での不貞な買春を疑われると思ったから。

 当時からコロナ感染はまず濃厚接触、買春や性的接触が中心と言われていた。

 

 わざわざ小池知事も「風俗での感染は確認されていない」などと言っている。

 このことは特筆すべきことだ。こんなことに言及されたということは、明らかに性的接触者のことが念頭にある。

 


・このコロナ感染拡大の時期にわざわざスペイン、イタリアへ旅行してきた乞食学生。

 コロナ感染拡大でキャンセルが続出、安くするからと旅行会社がチケットをさばいた。

 旅行会社に調査を入れるべき。

 名簿はあるはずだ。

 

 これに飛びついた間抜けが感染した。

 沖縄の女子は典型。検査結果を確認もせず、沖縄に帰った。

 空港に足止めされ、確認までいれば身バレすると恐れた。もちろんカネも惜しい。

 社会秩序より自分の金銭コストを優先した。

 陽性。

 あの家族はとても沖縄にはいられないだろう。家族ぐるみで隠れて、逃げ回りながらどこかで感染を拡大させているはずだ。

 


 つまり、すべてが自覚的でみなに思い当たるフシがあり、それでも感染していたら「何事か」と批判を受けかねないからと言い訳を考え拡大させている。あるいは潜伏している状態。

 

 かつてエイズキャリアたちが地下に潜ってしまったのと同じものを見る思いがする。

 

 

 

 だから感染が拡大し続けているというだけ。

 驚くに値しないことだ。

 別に空気中を漂うコロナウィルスが感染を拡大させているわけではない。

 


 その上、そんなヤツらを友人に持つ連中はどうか。

 家族にそんなヤツラがいる連中はどうか。

 みな実は思い当たるフシのあるヤツラだ。

 

 その連中が沈黙し申告などするはずもない。

 自分も似たような行動を取る同じアナのムジナ。

 

 「自分も同類」との認識があれば、密告や深刻などするはずもない。

 

 わざわざ感染源を誤魔化すべく、わざわざ人込みに紛れる、不貞と淫蕩の本性を隠そうとしているというだけ。

 

 非常事態宣言をして個人の権利を一時的に制限する、それはこういうことのためだ。

 今でも韓国人売春婦は商売をしているだろう。

 


 今日のニュースでは岐阜では医師がナイトクラブへわざわざ行った。

 なぜ? 医師ともあろうものが?

 間違いなく最近、中国人売春婦と接触したはずだからだ。


 だからわざわざ疑わしい場所へ行き、そこで感染したとして誤魔化そうとしている。

 

 その医師は売春婦を日常的に買っている。

 

 

 別に医療崩壊してもいいのではないか。

 

 医療崩壊となればイタリアのように無資格者に医療行為をさせればいいだけだ。

 

 自宅待機で人は余っている。

 

 既得権益化させて、医療崩壊を叫ぶなど、おかしなことだ。

 

 注射の方法などわずかで習得できる。

 検温、血圧、これにどんな資格が必要か。

 

 先進国の閉塞したシステムが今、崩れようとしているのなら、それは歓迎すべき変化だろう。

 悪夢でもなんでもない。

 役にも立たない看護婦が、自分の既得権益とばかりに血圧を測ることを仕事にしている。

 免許など必要のない医療行為はいくらでもある。