毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

法治主義の放棄か


 自粛だの要請だのと、法律によらずに圧力をかけるのを誰もおかしいと言わない。

 こういう雰囲気だけで運用していると、営業を続けていた店が大量感染の発生原因になっても休業補償さえすることになる。

 法が整備されていないのだ。

 ルールも何もない。雰囲気だけでことが進んでいる。

 

 そして、「強制力がない」なんて残念な顔をしてみせる。

 

 この国は法治国家であることを放棄するのか。

 

 あまりにも曖昧なやり方が横行している。

 

 

 みなが人に配慮しろと上から目線。そのくせ自分のことは気をつけない。

 集団ヒステリーでしかない。

 自分がまずスーパーに行くのを止めたらどうか。

 

 マスクの同調圧力に応じていればモノ言う資格があるとばかりに騒ぐ。

 マスクなど役に立たない。

 法によらず、人に押し付けるな。

 

 

 名前を公表することにしてもそうだが、従わないからなどという言い草、まるで嫌がらせではないか。

 パチンコ屋が叩かれだしたのは反日慰安婦詐欺を続ける韓国系の店だからだ。

 忘れたか。

 まさかこんな緊急時に、通貨スワップを韓国が頼んできたら応じるつもりか。

 

 休業を強制するなら補償が必要だが、またぞろ不逞な連中がこれを狙っているのではおちおち対策などできまい。ならばそのための対策が必要だろう。

 ならばなぜ電子マネーでの支援金交付にしないのか?

 

 これに反発する連中はみな必要なもの以外の使い道を考えているからだ。

 

 

 国会議員は何をやっているのか。要請ばかりの緊急事態法どころではないはずだ。

 そうやって騒いでいたはずではないか。

 

 個人の権利を制限できる緊急時のための法整備をするべきではないか。

 

 議員らが金を貰っているのは法律を作るのが仕事だからだ。

 政治パフォーマンスのためではない。

 

 

 感染症対策だああだこうだ、グダグダと、感染症の知識もない議員らが議論をして、まるで遊んでいるようだ。コロナウィルスの挙動さえまだ確定的なことはほとんどないのに。

 烏合の衆の集団ヒステリーでしかない。

 

 そしてサヨク議員はまた弱者に寄り添うなどとフリをしてみせる。寄付も報酬の返上もない。

 

 コロナを使ってみんな悪乗りしているだけではないか。

 何がしたいのか。

 

 マスコミも悪乗りし、釣り客を指差して感染拡大とか煽る。

 釣りをしている連中のどこがクラスターになるというのか。

 

 このままマスコミが煽り続け、政治がポピュリズムに振り回されるだけならもっと死者が増えたほうがいい。

 経済を止めてどうする。

 

 医療崩壊しても全く問題ない。無資格診療にすればいいのだ。

 有資格の看護婦、いったい彼らは何をしてくれる?

 血圧、体温、注射、誰にでもできることだ。

 医療崩壊に怖いことなどなにもない。

 

 コロナを幸いとばかりに、おかしな言論ばかり流布されている。

 ポジショントークに溢れている。

 目立てば勝ちとばかりいい加減な話ばかりだ。

 

 世界はまるでレミングスのように破滅へと喜んで歩いている。