毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

フェイクニュースが追い詰められている


a.msn.com

 

 こうして、自分たちは被害者だと偽装してまで批判を避けようともがく第三の権力。

 クズばかり。


 政府の邪魔ばかりをし、コロナと人の命をネタにして騒ぐだけだった。
 だからこその報道の堕落と凋落ではないか。

 結局は騒ぎたいだけだから政府側発表ぐらいしかない。

 そして「対応は後手に回っている」などと眉をしかめてみせるだけ。

 


 検査数に対する感染者数も報道は少ない。既存メディアよりネットの方が信頼ができる。


 世界は、経済をなぜここまで止めてしまったのか、そんな議論などされたことがない。


 ひたすら煽り、日本を貶めるプロパガンダ、主張を続けてきたのが既存メディアだ。

 もとより、それが報道であろうはずもない。

 

 よくも言ったものだ朝日新聞

 世の中に自由な報道などない。

 報道には責任が伴うのだ。

 ポジショントークでコロナと言う文字をせっせと塗りつぶしてきたのは誰だ。

 

 

 

責任を取らされるようになったから萎縮しているのか。
 それならそれは正しい報道のあり方ということになる。

 これまで朝日が責任を取ったことがあったか。


 監査し、捏造や変更があれば修正され再発防止が図られ、自浄作用がなければならないものが、危機的なほど無責任に放置され続けてきた。

 よい機会だ。 朝日新聞は潰してしまえばよい。

 

 チェック機能な権力ほど危険なものはない。

 

 「ルールは記者が作る」とwww。狂っているとしか言えない。

 

 反日国家韓国はこの期に及んでもまだ日本に規制しようと狙っている。

 中国の侵略行動は今が盛んなのに報道はない。


 WHOがおかしい、中国発の細菌兵器、これらの文字は既存のメディアにはない。


 こうせよ、ああせよ、なぜやらぬと、要求ばかり。

 挙句にはスーパーの空になった棚を写してパニックを煽ったのだ。

 

 いかがわしいその立場でよく恥ずかしくもなく朝日新聞だなどと言えるものだ。

 とことん腐りきったフェイク報道しかないではないか。

 

 こういう人間が、臆面もなく名前を出し、まだ権威のつもりでいるのは異常だ。

 

 コロナ以降を見据えるなら、こういう人間の嘘、欺瞞が許されない社会だろう。