毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

中国政府の顔色を伺って利益を得ることは許されなくなる


jp.reuters.com

 

 恥知らずどもが一掃されるのか、それともその恥知らずどもがコントロールし、世論操作をするメディアによって、いよいよトランプが引き摺り下ろされるのか。

 正念場だ。


 日本はいつまで黙っているのか。

 

 俳優のメルギブソンが中国のチベットの侵略について言及すると、彼はとたんにハリウッドから無視されるようになった。それも話題にならないように静かに。

 

 ジョージクルーニがユダヤ批判をして謝罪させられたこと、その時の反応とはあまりに対照的だ。

 

 犯罪的なほど中国への忖度を行っている罪悪感からか、中国批判はことごとく隠蔽されている。

 もしユダヤ人が、またもカネのためにこのような中国の傍若無人なふるまいについて沈黙を続けようというなら、連中にはしっぺ返しになるようにしたら効果的だ。

 

 「ヒットラーによるユダヤ人の虐殺は、事実かどうか疑わしい」

 そんな話を流布すべきなのだ。

 自分がホロコーストに遭わないなら黙っているというなら同罪だと思い知らせるべきだ。

 

 昔、個人的にこの話をツイートしたことがあったが、その反応たるやすさまじいものがあった。

 

 
 アップルは秘密通信を確保できるツールを削除したし、マーベルに至ってはキャラの変更を露骨にして中国におもねったという。

 

>中国政府に「利用」されている米企業は、外国代理人登録法の対象になり得る。

 


 マーベルは最近、「ブラックパンサー」というクソ映画を公開した。

 このタイトルから、かつてのアメリカで黒人中心に組織された左翼系政治組織のことかと思っていた。

 グループの名前はそのもの、「ブラックパンサー」と言った。

 

 それを取り沙汰した映画と思っていたが、とんでもない話だった。

 

 アフリカの黒人は太古の昔に宇宙からやってきて先進文明を築いたというファンタジーだ。おとぎ話にしてもひどいものだ。

 これを白々しく歓迎し拍手してみせ、驚いたことにこのクソ映画をアカデミー賞にノミネートまでしてやった。

 そして、大人気とハヤしたものだから呆れる話だ。

 

 この映画のおかげで、そうした運動があったことすら隠されてしまうことになるだろう。

 黒人にも左翼がいて、活動をしていたという歴史が。

 

 何か巧妙な操作を感じずにはいられない。

 

 黒人は馬鹿ばかりか。

 ありもしない古代文明を作っていた優性種だったなどと、これまでの黒人の扱いを180度転換させただけで、そのわざとらしさを好意的に受け取ったのだろうか。

 

 代わりに黒人に左翼活動家がいたという事実は隠蔽される。

 

 歴史を隠蔽し捏造してやってもそれで満足か。

 奴隷商人の銅像を倒せば「差別されている」黒人というのはすっかりご機嫌が直るものなのか。

 

 そんなわけはないはずだが。

 白々しく「素晴らしい、黒人のヒーローこそ描かれるべきだ」なんてクチの曲がりそうなお世辞を言って、影で黒んぼを馬鹿にしているのは他でもない白人どもなのに。

 

 そうして、自分たちさえよければいいと、成功した黒人たちはこれを批判しない。

 

  

 先日このブログで、中国人が苛烈な差別を受けることになると書いた真意は、黒人差別があるなどと騒ぐ勢力と、中国の傍若無人な振る舞いについて沈黙しようという勢力が同じだからに他ならない。

 

 偽善と欺瞞、吐き気がするほどのゴリ押し、共通するのは白々しさだ。同じと分からないわけがない。

 だが世界のマスメディアは揃ってこの欺瞞に平然と加担している。

 

 

 そしてまたも気狂いグレタがメディアに登場した。

 まるでタイミングを合わせたかのようなグレタの登場だ。今度は署名をやったのだという。

 異常な性格で常に脚光を浴びたい病的な変質者、それも子供の、なんとまあおかしな主張だ。

 

f:id:rollitup_super:20200602165349j:plain スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは、EU首脳会議を翌日に控えた7月16日、欧州の指導者らに気候変動に関する緊急行動をとるよう呼び掛けた。 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは7月16日、気候変動に関する緊急行動を欧州の指導者らに求める公開書簡に数千人とともに署名した。 次世代へまともな未来を引き継ぐことを一部の指導者は「あきらめている」と非難し、経済システム全体の変革を受け入れなければ気候変動への対策は始まらないと述べた。 「人類の存在を脅かす最大の危機だと捉えるべきだ。危機として対応しない限りは、どんなに会議や交渉をやっても、何も変わらない」 書簡は、EU首脳会議の前日に公開。化石燃料の探査・採取への投資を即時停止することや、温室効果ガスの排出上限を「炭素予算」として設定し拘束力をもたせることなどを要請。労働者を保護し、経済・人種・ジェンダー間の不平等をなくすための気候変動対策を指導者に求めた。f:id:rollitup_super:20200602165349j:plain

 

 

 >労働者を保護し、経済・人種・ジェンダー間の不平等をなくすための気候変動対策を指導者に求めた。

 

 頭がおかしいんじゃなかろうか(笑)。

 気候変動対策をすると黒人への偏見がなくなり、黒人が犯罪に走ることはなくなるってか。

 

 なんでもスローガンに詰め込んで、見栄えがよくなるとでも思うその脳味噌は腐っている。

 まるで辻元やらアノ手の連中をみるようだ。