ylliX - Online Advertising Network

毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

程度の悪い記者など馬鹿にし、排除せよ

dot.asahi.com

 

 怖い。あまりにに信じられない言説だ。

 そしてこの記者の言葉をまるで正論であるかのように報じる、ソースもまた異常。

 やはり朝日新聞(笑)。

 

 

 いつから報道のフリをして政権批判や揚げ足取りをするのが許されるようになったのか。訳が分からない。

 それは「言論の自由」ではない。報道の自由ではない。

 報道するなら公正さがあるはずなのだ。

 

 菅新総理は早くからこの東京新聞の異常な記者と接しているから、これを機会にマスメディアの異常と偏向に一石を投じるチャンスではある。

 よく考えて欲しいと思う。

 

 
 いったい、報道メディアが「記者を馬鹿にしている」とはどんな言い草だろう。

 「馬鹿にされた」とはいったいどんな難癖、いいがかり、どれほど小市民的な言い草なのだ。

 お前は報道マスコミとして出席させてもらっているのではないのか。

 身の程を知れ。

 

 しかもこれまで民主党が同じことをさんざんやってきたが、それには頬被りだ。

 仙石ヨシトがマスコミにあからさまな報道規制を敷いたことは毛ほども触れないままだ。


 報道を僭称し、質問のフリで意見して、公的人間の時間、つまり国民の税金を借りているというのに、思想は偏っているわ、そもそもその理屈はなってないわ、人間として日本人かどうかも不分明。

 いったいこの国の報道はどうなっているのか。

 

 

 ヒステリーを起こして食い下がるパフォーマンスすはまるで芸人さながら。

 そんなに目立ちたいか。そんなにカメラに映りたいか。

 他でやれ、クズが。

 

 貴重な国民の時間を官房長官が奪われて、その異常さが分からない朝日新聞とは、何だ。この連中はいったいどんな育ちと教育をしているのか。

 

 これに嬉々としてコメントをする大学教授とやらもまるで原則が分かっていない。小学生並みの考え方しかできていない。

 


 ちょっと前、やはり官邸の大臣の立場で岸田氏が「日本語が分かりますか」と言ったことにも一部報道マスコミだけが噛み付いた。

 「日本語分かりますか?」これに「馬鹿にするな」と、噛み付いた馬鹿がいた。

 

 日本語がわかりそうにないから言ってあげているのだ。

 ザイニチ朝鮮人というのはいつもそれだ。

 日本語が分からないくせに、そう言われると常に激高する。

 

 日本語のテストなど彼らは受けたことがない。国語の読解力などまるでない。

 連中は日本語が分かると勝手に主張しているだけで、その真意など常に曲解するだけだ。

 民間のどんな業務の現場でもそうだ。

 連中は必ずこういう意思疎通のトラブルをやらかす。

 日本語が分かる前に、論理性を勉強しなおした方がい。

 

 すなわち、ポジトークもほどほどにしろということ。

 

 こういう、記者を自称しながら政治団体か何かの活動を行って、報道というものをハイジャックしている連中は即刻排除しなければいけない。

 そのマスメディアの信頼性にかかる問題意識は、いったい今のマスメディアにはないのだろうか。

 

 こんなクズ記者は報道に名を借りているだけのただのタレント活動をしているのでしかない。

 ヒステリーがやりたいというならどっか他の国でやればいいのだ。

 いったいいつから、こんな「報道に名を借りたパフォーマンス」が「国民の声」を代表するようになったのか。

 常にこれまたブーメランの発動だ。

 

 官房長官の会見は「メディアのものでない」と言いながら、これを私物化しているのは誰だ。

 

 いつから報道に名を借りたその追求や批判とやらが公正であるか、どこかに監査されるようになったのか。歯止めなどないではないか。

 全くの独りよがり、日本以外の国、反日勢力の意向を受けただけではないか。

 

 

 防衛相大臣の河野に向かって報道マスコミが質問をした。

 日本の防衛について、中国の許可を取られなくていいのかと。公言したのだ。

 これに河野から記者が激怒され、呆れられたことはほとんど報道されることはなかったはずだ。

(実は上の、こんな文章すら真意が理解できないに違いがないことは疑いがないwww)

 

 同じ穴のムジナだ。

 公正な報道や言論

 日本にはそんなものはない。

 売国活動だけは野放しで、ヘイトだの何だのと煩くくだらない工作活動ばかりだ。

 

 こんな報道でいいのか。

 こんな異常な記者を嗜めることこともできない馴れ合いの記者クラブなどなくしてしまえばよい。

 今はコロナでリモート、テレワークが必要だという。ならばネットで会見すればよい。


 「記者クラブ」という制度、もしそれが先進国としての飾りで必要だというのなら、まずその中味について吟味せよ。

 なにが排除されるだ、何が言論だ。どこにもそんなものはない。

 

 報道記者ごときが勝手にその場を表現の場にするんじゃない。
 その傲慢さには戦慄する。その愚劣な開き直りと強弁が日本の全ての社会秩序を否定している。

 ほかの人々はそれが分からないのか。

 

 ここも含めて、ブログでも多くの人々が表現活動をしている。

 東京新聞の望月とやらは、自分のものでない場所を自分の勝手な表現活動や政治活動の場にして、それが権利と言い放っているのだ。

 それは報道のハイジャックであり言論のテロでしかない。

 

 こんなことが許されることが異常でなくてなんだ。

 正直、つまみ出されてもまるでおかしくはない。


 同じことをタイでもいい、アメリカでもいい、記者クラブでやってみたらよい。

 この愚劣さ、朝鮮人系の思考回路には呆れるばかりだ。

 

 こういう人間が日本人のフリをしてどれだけ日本に入り込み、自国への利益誘導とばかりにテロまがいのことをしていることか。

 官房長官の時間を国民の合意もなしに勝手に奪うことなどテロでなくてなんだ。


 そして、これを批判的に報道したと胸を張るだけの、虚偽誤報新聞、朝日系のメディア。

 


 国民はまだこんな連中を飼って喜んでいるのか?

 少しは真面目になったらどうか。


 ニヤニヤ笑って首相の顔に泥を塗ろうとする馬鹿記者の所業を眺め、それで満足なのだろうか。


 困っている人など日本にはいまい。

 困窮した人などいないのだろう。苦しんでいる人などいない。

 豊かでカネは腐るほどあり、贅沢で呑気で、いくら税金がかかろうが、相変わらずこんな記者、こんな新聞、あんな野党らに金を間接的にやっている余裕があるのか。

 呑気なものだ。


 あまりにも豊かなものだから韓国人、中国人にも国を売るような連中も楽しみにするのか。

 そうして、孫や子供が強殺されてもニヤニヤしているのか。

f:id:rollitup_super:20200710100334j:plain

 


 日本人はいい加減に目を醒ますべきだ。


 まずはこんな連中のふざけた態度を拒絶し、マスコミから徹底して排除することだ。