ylliX - Online Advertising Network

毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

自民党総裁選、菅義偉官房長官、総理大臣へ

jp.reuters.com

 

 長らく有能な補佐役に徹していた菅義偉官房長官安倍総理の辞任を受け、自民党総裁選挙を経て総理大臣となった。

 総裁選には岸田、石破の両名が立候補したが大差での選出となった。

 当然といえば当然の結果だが、ここで岸田よりも石破が支持を集めなかったことは誰もが肝に銘ずるべきであろう。

 マスコミの流す嘘情報にフラフラと釣られるようでは、これからの時代を乗り切れるものではないからだ。


 マスメディアは総裁選が決まるとあれこれといらぬチョッカイを出してきた。

 自民党という多数議席を占める政権与党内での首班交代は内部のことに過ぎないのだが、なんとしても混乱が欲しいらしい。


 マスメディアは露骨に石破を担ごうとし、まるで裸の王様のように「石破氏は地方に支持されている」などとやった。
 どれだけそれで騙された国民がいるかは分からない。

 

 いずれにしても自民党員でなければ投票はしないのだが、マスコミの印象操作もここに極まったという感があった。



 

 石破ご本人は眼鏡をかけるようになり、これまでの口調、言葉使いすら修正して好印象を与えようとしていたが、信用ならないものしか感じない。

 彼がどこまで総裁選をやり抜く気だったかは分からない。

 権力欲だけで中味がからっぽなのではしょうがない。


 正直、あれでは壮年のオカマ、オネエでしかないのだ。

 なお当ブログは、LGBTなどと性嗜好をレッテル貼りにすることをユダヤ人狩りと同じと反対しているので敢えてこのような言い方をさせていただく。


 


 しかしながら、事実としては今回の総裁選は「中継ぎ」でしかない。

 任期はわずか一年だし、解散総選挙の時期は近づいているだろう。

 菅首相ご本人が一番分かっているとは思うが、新総理となった菅首相ははどうこの状況を引継ぎ、次へ渡すよう整理してゆくか、その力量が問われるというだけだ。

 

 もちろん、以前から述べているように総理が政策を立案することを期待するなどとんでもないことだ。

 専門家、官僚に責任を取らせ、立案させて実行・実現するのが政治家だ。

 いつまでも勘違いしたままのマスコミは、まるでスーパーマンや独裁君主のように首相に政策を求め、「政策説明」を求める。

 そして「自分の言葉で説明してくれ」などと要求するが、もうそんなことは止めるべきだ。


 菅首相官房長官時代にとことん報道マスコミの異常さを味わっているのだから、少しお灸をすえてはどうか。

 


 自民党内ではこれから石破をどうするかが今回の総裁選で決められたのではないか。

 結局ビリということになり、そうなった以上、自民党の慣習では今後の石破の芽は二度とないことになる。

 負組みには誰もつかない、それが保守の遺伝子である。

 二位などならともかく、ビリで予想外にダメだったということは、実はまるで信用を得てはいなかったということになる。

 それでは実行力は伴わない。

 

 彼の政治生命としては終わった。今後は鳩山のように騒ぐだけ、もちろん立場は小沢一郎のように未だに国会議員ではあるが。

 

 石破が立候補したのは「わずか一年」という時間に期待があったのだろう、「そのぐらいならやらせてみよう」と言うわけだ。

 そしてポストを約束する電話をかけまくったのはこれまでと同じ。

 そしてマスコミに煽られた石破自身の愚かさ。

 

 

 もともと石破は自民党にとっては獅子身中の虫だったはずだ。

 国民ウケを狙えばよいとマスコミの方ばかりを見て、あらゆるいい加減な戯言を翻弄してきた。

 真面目に彼と向き合って政策と議論などできようもない。

 

 国防と言いつつ法整備を避けようとするなど妄言もいいところ。結局は彼は韓国側の虚言に沿った要求まで我が国に押し付けようとしている。


 石破の話はまるでバラバラで、そこには思想など感じられない。あるのは彼の権力欲だけだ。


 だが、これと議論できる度量がなければ「政治力がない」とされる。

 石破はそういう試金石として使われた。

 

 今もマスコミは石破の仕掛ける議論に中味があるようにして整理すらせず、そういう政治討論を国民に見せようとしているが、果たしてそれが有意義なことなのか。


 よくも石破のような、これだけおかしな信用ならない人間を自民は受け入れたのかと思うぐらいだが、そこは自民自身の中に野党が必要というバランス感覚があったからなのだろう。

 

 現実の野党はお笑いタレント化し、寄生虫のように居座っている。国民に真摯な反省すらない。

 「悪夢」と安倍にに言われて激高するぐらいの愚劣さだ。

 野党は立憲民主と新党?とやらになったとして、また党をくっつけてなにやらカネ勘定をしているだけ。


 これでは自民の中に擬似的に野党のような勢力がいなくては困るという意見も出よう。

 

 まともな野党がいない政党政治では政府は暴走してしまうのではないか。

 国民がそう焚きつけられた挙句、悪夢の民主党政権となったのだ。

 しかし民主党がやったことは国益の放棄だけ。既存秩序を破壊しただけだった。だが反省はない。


 この総裁選の最中でも、尖閣事件の衝突船長の釈放問題を当事者が暴露したかと思えば、新党に関する話。早くも主導権争いが起きている。


 長らく「軍部の暴走」だの「権力の歯止め」だのと、戦後に感化され続けてきた国民はこれでは不安になってしまう。

 それならと、そのために自民内に石破のような不埒な政治家を飼っておく、そういう考えがあったことは想像がつくが、もういい加減にやめた方がよい。


 それはこれまで我が国の甘さでもあったからだ。

 外国籍の滞在市民に生活保護をやるなど世界でも類例がない。
 自主独立権の放棄もいいところである。


 透明性の高い社会実現のため、異常な偏向したマスコミ報道に対しても今回のコロナと同じように「お願い」をしたらよい。

 

 そして法律を作るのが国会の仕事だ。

 他の議員らは、国会議員として本来の仕事に戻る必要がある。


 現在の我が国を取り巻く中国や韓国の露骨な態度を見れば分かることだ。

 これからはいっそう、気骨を持った対応が必要だろう。

 


 そしてコロナは好機となる。この混乱は外部要因だ。

 コロナ対応は誰にもできないし予測も出来ない、正解はない。


 残念なことだが、ここで以前に動画を示したように、東大の感染症の権威とやらの、あのマスクぐだぐだ映像は拡散されなかった。

 だから、まだ大多数の国民は分からないのかも知れないがコロナ対策で正解が分かる者など誰もいない。


 トランプはコロナを横目に着々と仕事をこなしている。

 やることはやっているのだ。


 コロナ以前に戻りたいマスコミは徹底して邪魔をし続けるだろう。いわく人命を尊重しないのか、と。


 官僚もマスコミを使うだろう。


 補佐役だった男が、謙虚さの仮面をそのままにして、やるべきことを黙々とやり、マスコミを押さえよ。

f:id:rollitup_super:20200710100348j:plain

 コロナのお願いができるのだから、簡単なことだ。

  誰にも手は出せないはずだ。

 

 

 そして報道を公正なものへと是正させることはまず最初の菅首相の偉大な成果となるはずだ。