ylliX - Online Advertising Network

毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

ウィグル問題はユダヤ人組織に働きかけよ

jbpress.ismedia.jp

 

 暴論がまかり通るアメリカの歪みは続いている。

 もはや喜劇でしかない。

 マスコミらが担ぎ上げたエセ大統領の罪を国民が思い知るのはまだまだこれからが本番だろう。

 

 

 しかしこんな発言が撤回されないというなら、ユダヤ人のホロコーストもなかったことにはならないだろうか。

 

 「文化の産物」として虐殺を認容することがまかり通るというなら、ホロコーストやジェノサイドとしてヒットラーの所業が糾弾されることはないということだ。

 

 バイデンはナチの所業すら正当化していることなる。

 この発言は、もっと世界に拡散して問題化させるべきだと思う。

 

 

続きを読む

オープンソースの罠、よもや噺

 「オープンソース」という言葉があります。
 よくテクノロジー系のビジネスで使われる言葉です。

 

 それだけ社会がソフト化したということでしょう。

 テクノロジの中味を公開して自由に参加してもらい、改変や応用も自由にやってもらい、その技術の普及のスピードを重視するという手法です。

 

 

 本来、特許や技術というものは、ブラックボックス化をして企業はテクノロジの中味を秘密にしておきたいはずで、これをオープンにしてしまうことは一見するともったいなく思えます。

 

 ちょっと昔のビジネスマンならオープンソースなんて否定したことでしょう。

 

 しかし、世間が利用してくれなければテクノロジの陳腐化は早いものです。

 最近の先端を行く技術でも安穏とはしていられないのが昨今です。

 

 

続きを読む

GAFAの問題が騒がしい

jbpress.ismedia.jp

 

 

インターネットという情報の流れは、現在では世界の様々な動きの中心となっているものだ。

 今、その中の巨人たちの話題が騒がしい。

 

 特に名前を挙げればGAFA、すなわちグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンだろうか。

 

 彼らはインターネットで巨大なシェアを占めている。

 

 検索の世界で、アプリとスマホの世界で、数億というユーザー数を抱える規模で、ありとあらゆる物流と物販を支配しかねない勢いにおいて、これらの独占的なシェアを占める企業は今、議論の中心だ。

 

 

続きを読む