毎日の社会で起きたこと

毎日の社会で起きたこと 毎日の社会で起きること 毎日の社会に起きたこと 毎日の世界で起きたこと 毎日の世界に起きること 毎日どこかで起きたこと 毎日どこかで起きること 昨日どこかで起きたこと 明日もどこかで起きること 人知れず起きていること いつかあなたにも起きるかも知れないこと 毎日の社会で起きたこと

医療崩壊を歓迎せよ!コロナは好機!


mainichi.jp

 

 はっきり言う。
 本日の表題は別に天邪鬼でもなんでもない。ヒネクレた逆説でも皮肉でもない。

 本心だ。

 このコロナ騒ぎが幸いにも日本の医療を変えるなら、これほどよいことはないからだ。

 


 コロナ騒ぎでポジショントークが多くなったことに気がついておられる向きはいるだろう。
 なにかにつけて「コロナ」と結びつけ、そうすれば日ごろの主義主張が押し通せると勘違いしている者、プロパガンダが横行しているのにお気づきだろう。

 

 芸能人はここで顔を売ろうとし、したり顔で漫才師が社会問題を論じてみせる。

 そして三流大学の研究者、准教授はここぞとばかりに有能ぶりをアピールする。どいつもこいつも聞いたことのないクズ大学の連中ばかり。

 

 「トリアージ」という言葉をいまさら知ったからと、文章にどれだけ織り込めば済むのだ。

 こんなことは馬鹿馬鹿しくていちいち挙げてゆく気にもならない。


 このコロナ騒ぎで、言論が崩壊しているのは確実だ。

 もはやコロナに関して確実な情報は事実だけだ。

 誰も妙な主張や推論を信じることはない。


 同じことだ。

 同じように今、医療崩壊こそ起きればいい。それを待ち望む。


 「医療崩壊」とは何か?

 コロナ感染の患者が殺到し医療現場が機能しなくなる、検査に人が殺到し、コロナばかりに人的資源が使われてしまうと言う。
 本当に助かる人を助けられなくなる、と。


 症状が顕在化したとしても、コロナ感染は致死率自体が低いのに、そのために医療のリソースが割かれ、本来助けられる命が助けられなくなる、と言う。

 だから拡大させるな出歩くな、経済を止めろ、そう言うのだ。

 

 その言説のすべてが嘘っぱちだ。

 

 

 

 医療のリソースは足りている。

 技術は高度化し、物資は不足していず、できることは無数にある。

 人的リソースが足りなくなったなら、そこに人的資源を振り向ければよいというだけの話だ。


 
 イタリアは無資格診療に踏み切っている。
 アメリカもそこに舵を切りつつある。医学生というだけで医療現場で即戦力。診療が求められるようになった。


 日本も同じことができる。
 もし救いたい命があるというなら、医療崩壊などとことさら騒ぐのではなく、無資格診療を推進すべきなのだ。

 

 無資格診療を!


 万能の医療技術者などいない。医師の資格があってもヤブはいる。

 医療過誤など日常茶飯事だ。そして裁判では不可抗力と責任を免れようとする。

 不可抗力などという抗弁が許されるなら、医療関係の資格とは何だ。いったい何を保障したものなのだ。


 医師の資格があっても専門外のことは誰でもドシロウトだ。

 最新の医療機器を扱える者がわずかなどというなら、研修をすればいいだけのことだ。

 

 メーカーは扱いが困難なものなど作ってはいない。常に扱いやすいように改良を重ねている。

 何も医療関係の資格がある者でなくても構わないのだ。

 技師、技術者はすぐにでも養成できる。

 人工呼吸器の扱いなどすぐにでも覚えられるのだ。


 既得権益にあぐらをかこうとして、やたらと技能や資格を強調しようとするのがいる。

 連中には人の命よりも自分の既得権益を大事のようだ。

 

 コロナの感染拡大を「戦争だ」と表現したユーロの連中がいる。

 戦争なら、誰でも人の命を救わねばならない。注射をし、戦友の心臓マッサージを兵士がするのだ。衛生兵を待っていたら死んでしまう。

 

 戦え。

 

医療資格にこだわっている場合ではないはずだ。


 看護婦、看護士は日ごろ何をしている?

 そのご大層な資格で何がいったいできるというのだ。
 
 血圧を測り、体温を測る。問診をし具合を聞く、大便、小便の数を記録する。

 注射を打つ。

 そんなことは誰でもできることだ。


 注射で助かる命だというなら、誰にでも注射をさせよ。

 機械で助かる命があるなら、誰にでもその機械を操作させよ。


 最終的に専門医を呼ぶというなら、なぜその前の段階にまで処置を有資格者だけにやらせようとするのだ。

 そしてそのリソースがないと声高に叫び、医療崩壊が起きると、まるで脅しつけるようにヤツラは騒ぐのだ。


 健康診断のレントゲン技師を見ればいい。

 レントゲンでガンが見つかればその時にはとっくに手遅れだ。

 しかし内視鏡で発見すれば助かる。フェーズの低い段階で助かる命。

 だが自治体で、検診を内視鏡に切り替えているところは少ない。

 レントゲン技師が失業しては困るからと、団体が圧力をかけて内視鏡検査をやめさせているのだ。

 

 

 利権あるところは必ず腐敗する。


 医療制度を崩壊させよ、コロナ感染の拡大は好機だ。

 

 自宅待機で仕事を失ったというなら、彼らを医療現場へ差し向けよ。

 

 人の命より自分の利権が大事とばかり、資格商売にしがみつく連中がいる。

 人の命を食い物にして生きる寄生虫が医療現場にいるのか。

 


 そんな医療制度など崩壊してよい。


 コロナ感染をもっと拡大させよ。これは戦争だ。